7111624-300x199ヒロユキ・ナカジマのスプリング・トレーニング打率.176は、彼自身やアスレチックスが期待していたものではない。しかしボブ・メルビン監督は、忍耐強い。

メルビンはナカジマを、キャンプにいる他の選手とは違う見方をしている。彼の置かれた状況が違うからだ。

「彼のパフォーマンスは、悪くないよ・・・。彼には、しなくてはならないことがたくさんある。他の選手には必要ないことがね」メルビンは言った。「彼は多くのそれを、しているところだ」

そのショート選手は昨年、日本で打率.311を記録した。従ってアスレチックスは、彼に才能とポテンシャルがあることを分かっている。しかしナカジマはメジャーリーグだけではなく、アメリカの生活にも適応している最中だ。

「今の彼は学んでいる最中で、そのコントロールの仕方は、一人ひとりが違うんだ」メルビンは言った。「この国に来て彼が対処しなければならないことは、グラウンド上だけのことではない。それはとても難しいこと」

グラウンド以外での適応が時間とともに進むあいだ、アスレチックスはその30歳のショート選手ができるだけ早く、レギュラーシーズンに向けて準備ができるようにしている。

ナカジマは、木曜日のオークランド・ラインアップに入らなかったが、マイナーリーグチームで打席に入った。

「彼をより多くの打席に立たせることで、ここでの経験不足を補おうと思っている。だけど彼がくたくたになるほどは、しないけどね」

参考記事: Nakajima adjusting to Majors and new home By William Boor / MLB.com