no title

日曜日のヒロ・ナカジマには、ランナーが得点圏にいる場面で2度打席が回ってきた。それは球団やチームメイト、そしてファンに、彼の打撃が良くなっているところを見せる、2度の良いチャンスだった。

しかし最終的に、その内野手は3打席無安打で終わり、スプリング・トレーニングでの打率は、.194に落ちた。しかしロッカーの前に立った彼は微笑みながら、結果は出ていないが確実に良くなっていると言った。

「プレッシャーは感じなかった」ナカジマは、通訳を通して言った。「最初の打席は、ツーアウト、ランナー2.3塁で、確かに彼らを返したかった場面だった。だけど自分のスイングをすることやコンタクトすることは、良くなってきていると思った」

「自分の中で考えすぎることなく、バットを振ることができた。感じは良くなり始めているから、もっと経験を積めばと思っている。これは具体的なことではなく、もっと感覚的なものだから」

メジャーリーグに適応するナカジマの苦しみは、良い経験となる。そしてボブ・メルビン監督は、唯一の解決策は、より経験を積むことだと信じている。

「彼には、苦しい時だね」メルビンは言った。「新しいチームということだけでなく、大きなカルチャーショックと新しいリーグ、これらすべてのことがプレーに関わってくる。そしてそれぞれの選手には、彼ら自身のスピードがある。環境になれるとはそういうことだと言える。彼はまだ、そこまで達していない」

それは一晩で成し遂げられるものではない。そしてアスレチックスは、そのことを気にしている。そしてナカジマのチームメイトはまた、彼が多くのチャレンジに直面していることを理解している。

「彼は大変だと思うよ」日曜日にナカジマと二遊間コンビを組んだエリック・ソガードは同意した。「彼はやりやすくなってきているんじゃないかな。もっと良くなっていく彼を、みんな見ることができると思う。彼は彼のするべきことをすると思うよ」

それが4月1日までにできるのかは、不透明だ。そしてアスレチックスは、彼がその時にレギュラーシーズンの準備ができているのか、それか開幕戦のショートにジェド・ローリーを起用したほうが良いのかを、決断しなければならなくなる。

その時までに、必要な状態に持っていけるのかと聞かれたナカジマは、躊躇せずに答えた。

「もちろん」彼は言った。「もちろん、そう思っている」

参考記事: Nakajima becoming more and more comfortable By Jane Lee / MLB.com