940x

ヒサノリ・タカハシは土曜日、カブスで今春2度目の先発予定だ。しかしそれは、ローテーション入りを目指したものではない。その日本人左腕は、ブルペン入りを狙っている。

「今僕がマウンドに上がっているのは、そこを狙っているから」タカハシは、通訳のリョウ・シンカワを通して言った。「チームに入るチャンスはあると思う。僕の良いところを見せて、チームに必要であるというところを、スタッフに証明する必要があると思っている。コントロールの良いところが、僕のセールスポイントだと思っている」

37歳のタカハシは、打者を圧倒するわけではない。ファストボールの球速をたずねた時、彼は微笑んだ。

「100マイル」彼は英語で答えた。

それは冗談だ。タカハシはメッツとエンゼルス、そしてパイレーツで投げてきた。昨シーズンは51試合で投げて、防御率5.54だった。

「(グレッグ・)マダックスや(ジェイミー・)モイヤーみたいな投手が、日本には多くいて、僕もそういうタイプの投球をする」タカハシは言った。「今47歳のマサ・ヤマモトっていう投手が日本にいるんだけど、彼はまだ現役だしね」

ヤマモトは左腕であることが、長い現役生活の助けになっている。

木曜日のカブスで先発する左腕のクリス・ルーシンもブルペン候補だと、デール・スベウム監督は言った。

「彼をどうするのか、まだわからない」スベウムはルーシンについて言った。「良い球を投げているしね。トラビス・ウッドはローテーションに入れるし、ブルペンにはベストな選択をしたい。ブルペンに一番よいのは、いつも左腕だ」

金曜日、カブスはホホカム・スタジアムで日本代表チームとオープン戦を行う。タカハシに、日本チームについて聞いた。

「いわゆる日本スタイルの、とても良いチーム」タカハシは言った。「細かいことを、しっかりとやってくる」

彼らは、少し時差ボケしているだろうか? 日本チームは火曜日の夜に到着して、木曜日にジャイアンツと試合をする。

「たぶんそこが、カブスの狙い目だろうね」タカハシは言った。

参考記事: Takahashi aims for spot in Cubs bullpen By Carrie Muskat / MLB.com