628x471

アスレチックスのショート選手ヒロ・ナカジマは今春、ラインアップのどこに彼がフィットするのかをボブ・メルビン監督が見つけるまで、オーダーのあらゆるところに名を連ねるだろう。

このスプリングトレーニングで2番と6番をすでに経験したナカジマは、土曜日の試合では7番に入った。しかし彼は、二度とその打順に入りたくないと思ったかもしれない。

その日本人内野手は最初の2打席で、続けて左腕にデッドボールを食らった。そしてその後、この日最後の打席となった5回の第3打席は、空振り三振に終わった。

「日本にいた時はレギュラーシーズンで、だいたい14回か15回ぐらいだったかな」ナカジマは通訳を通して言った。「でもスプリングトレーニングではあまりないから、そういう意味ではびっくりした」

それでもナカジマは、メルビンが試すいろいろなラインアップに、積極的に関わるつもりである。

「日本でデビューした時は7番打者で、その後がんばって3番になったんだ」彼は言った。「だけどここでの打順は、どこが良いっていうのは特にない。出場できるのなら、どこでも良い。チームにできるだけ貢献するというのが重要だから。打順がどこっていうのは、僕にはあまり意味がないんだ」

土曜日に7番打者だった彼は、メジャーリーガーとして初めて盗塁を決めて、その後エリック・ソガードのタイムリーヒットで、初めてホームベースも踏んだ。ナカジマは日本にいた時、シーズンで25盗塁前後を決めていた。そして彼は、スピードでもアメリカの試合に適応できるようにしたいと試合後に言った。

「ここでも、積極的な走塁ができるようにしたい」セカンドへの盗塁を決めたナカジマは言った。「スプリングトレーニング中に、もっと思い通りに走塁できるようにスピードを上げていきたい」

メルビンは、その姿勢を評価している。それは中島の打順を考えている彼にとって、助けになるものだ。

「もう少し動かしてみるつもりだ」メルビンは言った。「私たちがこれまでに見てきたのが、どんなタイプの打者なのかまだ分からない。彼は長打を打って、得点を稼げる選手なのか? 彼はヒットエンドランができる選手なのか? 得点を稼ぐためには、下位打線に彼をおいたほうが良いのかもしれない。昨年のラインアップは、下位打線からの得点力が本当に少なかった。中軸には出塁率の高い選手がいたから、彼らの後ろに、返すことができる選手も欲しいよね」

参考記事:Nakajima bouncing around A's lineup By Jane Lee / MLB.com