Darvish looks to improve in 2013

レンジャーズの公式練習の初日だった水曜日、キャッチャーのA.J.ピアジンスキーは、ピッチャーのユウ・ダルビッシュとの信頼関係を築くための大きな一歩を踏み出した。

「今晩どこに食べに行くんだって話をしたんだ」ピアジンスキーは言った。「マクドナルド。彼は僕をマクドナルドに連れて行ってくれるって」

彼らはビッグマックを食べながら、ロイス・ボーリンジャーについて話すのかもしれない。昨年のドラフトでレンジャーズに6巡目指名された彼は昨年、1Aスポケーンで266打席に立ち、わずか1本塁打だった。ボーリンジャーは水曜日の打撃練習で、ダルビッシュと対戦した3人のマイナーリーガーのうちの一人だった。

ボーリンジャーはその練習の途中、すっぽ抜けのカーブボールをレフト側フェンスの向こう側まで運んだ。

「ひとつびっくりしたのは、ブルペンで投げるだけだと思っていたのに、打撃練習だって言われたから」ダルビッシュは言った。「油断してたところを打たれた」

ボーリンジャーの一発以外、ダルビッシュの最初のブルペンセッションは順調だった。

「良い球が来ていたし、ストライクを投げていた」ピアジンスキーは言った。「感じは良かったって、彼も言っていた。選手が持っているものを1日目に判断するのは難しいよ。だって初日なんだから」

今年のダルビッシュの大活躍を期待するレンジャースには、それは第一歩だった。彼の最初のシーズンは紆余曲折だった。彼はアメリカに合わせるために必要なことのすべてをして、そして良い形で2012年を終えることができた。 彼はアメリカン・リーグ・ワイルドカード・プレーオフでオリオールズに敗れる前の最後の8先発で5勝1敗、防御率2.35を記録した。

レンジャーズは今年のダルビッシュが、その成功を続けることを期待している。

「シーズン終盤のそれらの先発で、彼は自分自身を見つけたんだと思う」レンジャーズのロン・ワシントン監督は言った。「彼はできること、そしてそれをどうやってするのかを理解し始めた。修正することがたくさんあって、それをした。彼の自信は、そこから生まれている。今の彼は、普通にスプリングトレーニングをこなして、そして前に進んでいる」

「彼はテキサスを知っているし、私たちはユウを知っている。彼は私たちがどうやって物事を進めるのかを知っているし、私たちは彼が物事をどうやって進めるのかを知っている。もし何かが必要なら、彼は話せば良いということが分かっている」

ダルビッシュの最初のシーズンは、単純に成績で見れば、全体的に良い物だった。彼は191イニングを投げて16勝9敗、防御率3.90、221奪三振だった。被打率は.220で、コントロールはシーズンが進むに連れて良くなった。オールスター休暇前の彼は、9イニングあたり4.64個の四球を出したが、最後の8先発では2.35に下がった。

それは今シーズンのダルビッシュがさらに良くなるという良い兆候だ。しかし彼はまた、ア・リーグの打者たちが今年、彼に慣れてくる可能性も計算しなければならない。

「今の僕の目標は、ケガをしないで良いスプリングトレーニングを送ること」ダルビッシュは言った。「僕はそれが、シーズンの行方を決めると思っている。良くなるのか、悪くなるのか、変わらないのか、僕には分からないけど、ケガさえしなければ良いシーズンを送ることができると思っている」

レンジャーズは、先発ローテーションがさらに強力になることを期待している。そして今、ダルビッシュとマット・ハリソンがエース格だ。2012年の彼らは合わせて34勝を挙げて、レイズのデビッド・プライスとジェームス・シールズの35勝に続いてア・リーグ2位の合計の勝利数だった。

「最終的な目標はチャンピオンだから、エースどうこうっていうのは本当に分からない」ダルビッシュは言った。「もしローテーションの最初っていうことなら、それはエースを意味しない。だけど一番重要なのは、ローテーションの全員がケガをせずに、それを10月まで守ってチャンピオンになること。それが僕の目標」

「僕がしなくてはならないことは、スプリングトレーニングの間に自分の仕事をして、シーズンを通してベストな状態でいること。そしてシーズンの結果がどんなでも、それは僕の責任」

彼は監督のために働くだろう。

「キャリアを通して身につけたことを、彼がしているところを私は見ている」ワシントンは言った。「すばらしい能力と、ものすごいプロ意識をもったうちの投手である彼を私は見ている。彼は成功すること以外を考えていない。彼が私たちのために試合に勝ってくれると、本当に信じている。その上に目標の成績を挙げることなんで、私にはできないよ」

参考記事:Yu takes first step toward building on '12 success By T.R. Sullivan / MLB.com