アスレチックスが、得点に貢献できるレギュラーのショート選手としてヒロユキ・ナカジマと契約したことは、誰でも知っている。

しかしボブ・メルビン監督の話を聞けば、ナカジマの野球選手としての能力だけが、彼の魅力ではなかったことが明らかだ。

 日曜日に行われた毎年恒例のアスレチックスのファン・フェスタに現れたメルビンは、笑顔を浮かべて登場し、逆立てたヘアースタイルのナカジマに対して幅広い期待を示した。

「スティーブン(・ドルー)を戻すことができなかったから、ヒロの加入は本当に良かった」メルビンは言った。「彼のことを本当に楽しみにしている。彼は打てる。そして守れる」

「それに彼はリーダーで、試合巧者みたいだね。ここにとても良くフィットすると思う」

ナカジマの満面の笑みは、それを聞いてさらに大きくなったが、彼はそれができるのだろうか。

「もし彼が本当にそう言ったのなら、このチームに入れたことが本当に良かったと思う」ナカジマは言った。「ここでもリーダーになれるように頑張ります」

ナカジマの初めてのファン・フェスタの参加は、文句なしの成功だった。コロシアムで行われたそのイベントのチケットはソールドアウトで、ナカジマが紹介されたとき、ファンは彼の名前を叫んで声援を送った。

「あの時、みんながヒロって呼んでくれた」ナカジマは通訳を通して言った。「それが嬉しかったし、本当に興奮した」

12月18日にアスレチックスと契約したあとに行われた記者会見で、オークランドを即座に魅了したナカジマの魅力は、なにも失われていなかった。

「彼は周りを明るくしてくれる人間だ」ビリー・ビーンGMは言った。

ベイエリアにまだ家を見つけていないナカジマは今、忙しくしている。彼が街を見て回るのはあと数日しかない。2月1日にはアスレチックスのキャンプが行われるフェニックスに入ると彼は言った。

スプリングトレーニングは投手とキャッチャーが集まる2月12日まで始まらない。そしてナカジマらの野手は2月17日 に集合するが、彼は初めてのメジャーリーグのスプリングトレーニングにできるだけ備えたいと思っている。

「それが僕のミッションですから」彼は言った。「そこに2月1日、早めに行って、雰囲気に早く慣れたい」

日本で行われる春季キャンプは、通常2クール行われる。米国のチームは、カクタスリーグが始まるまでの1クールのみで、お昼か午後1時には練習が終わる。

ナカジマには、全く問題ない。未知ではあるが、問題はない。

「日本のスプリングトレーニングは、少しだけやりすぎ」ナカジマは言った。「僕には、こっちのほうが合っている」

参考記事:Oakland A's new shortstop plans early start By John Hickey  Marin Independent Journal