月曜日夜のブルワーズは、7回に集中して4点を取り勝利を飾った。それは彼らの最近20試合での16勝目で、その日セントルイス・カージナルスがサンディエゴ・パドレスに負けたことで、ブルワーズはワイルドカード争いで5ゲーム差まで迫った。

月曜日の試合で起こった大きな出来事の一つは、外野手ノリチカ・アオキの引き続き好調な打撃である。彼は2本の二塁打を打ち4打数2安打。7回にレフト-センター間に打った2点タイムリー二塁打は、勝利につながる大きな一打だった。決して諦めることができない状況で、ブルワーズはそれによってリードを与えられた。そして最近のアオキのパワフルな打撃が、それをもたらした。

8月が始まってからのアオキは、.301/.359/.441、2本の二塁打、1本の三塁打、2本のホームランを打っている。彼は10個の四球を選び、この間の三振は8回だけだ。これらは素晴らしい成績だ。もしその30歳が、シーズンの残りもこの調子を続けることが出来れば、ナショナルリーグ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーの選考対象になる可能性がある。

しかし、アオキの何が変わったのだろう?

ここ数ヶ月のアオキが手に入れた一番大きなものは、打席で球を選ぶ能力と、素晴らしく広い打撃範囲である。今シーズンの彼は、1打席当たり平均で3.89球を投げさせている。それはナショナルリーグで上から24位にランクされる。来た球を見逃すのか、ファウルにするのか。それはアオキが、打ってはいけない球を選別することを可能にする。そして彼がコントロールできる球だけが、そこに残る。

1打席当たりの投球数が平均を上回るのと同時に、彼はホームベース上の全ての範囲をカバーしているので、相手投手は、彼に対して投げる場所が限られてくる。例えばこの図を見て欲しい。これは8月からの打率のヒートマップだ。

 

アオキは、ホームベース上の外側を上手くカバーしている。ブルワーズファンは、シーズンを通していつも見てきたが、逆らわずに打たれた打球は、逆方向に飛ぶシングルヒットになる。彼は外角に半分、またはそれ以上に外れている球を、無理に引っ張ろうとしていない。代わりに彼は、レフトやセンターにたくさんの打球を打ち返すことで、安定してシングルヒットを打ってきた。

上の図からすれば、なぜ相手投手は彼の内角投げてこないのだろうと考えるのは当然だ。彼が腕を伸ばして、レフト側に打球を飛ばすのを許さないようにするのだ。

しかしその時に問題になるのは、アオキが内角のファストボールも打てることだ。上の図を打率から、ISO(長打率-打率)に変えてみよう。彼が内角の球に対してパワーがあるのがはっきりと分かる。

 

なぜアオキが、最近力強い打撃を見せるようになったのかは、これが理由である。彼はシーズンを通して安定した打撃を見せてきたが、それは彼が外角の球に活路を見出したからである。そして相手投手は、彼の内角を攻めるようになった。そしてそれが、ブルワーズのライト選手が、素晴らしいパワーを見せつける結果となった。

アオキの8本のホームランは、全て引っ張った打球である。それらのホームランの全ては内角の球を打っていて、そのほとんどが、高めの球である。

相手投手にはこれまでに、二通りの選択肢があった。(1)レフト-センター間に打たれる可能性がある外角に投げる。か、(2)内角に投げて、ライト側に強い打球を打たれるリスクを犯す。どちらも魅力的な選択肢ではなく、アオキがここ1ヶ月半に成功している要因はそこにある。

彼に対する現実的な答えは、恐らく内角低めに変化球を投げることだろう。言うだけなら簡単ではあるが、実際にアオキは、低めの球に対してパワーを見せていない。そして彼は、外角の球を打つことで打率を残している。そしてそれだけではなく、今シーズンのアオキはファストボールに強い。

    無題
アオキが、変化球よりもファストボールに対して成功しているという事実からしても、アオキは必ずしも特別ではない。そしてそれは、対戦投手が攻略できる弱点であるように見える。  

高め、そして外角に投げないことだ。もしこれらのデーターが、ここ1ヶ月半に提供されていたなら、好調なブルワーズ打線の1番打者であるノリチカ・アオキの結果は、違ったものになっていたのかもしれない。

参考記事:Aoki’s Power Spree By J.P. Breen on September 11, 2012 Disciples of Uecker
http://disciplesofuecker.com/aokis-power-spree/6762