静かなシーズンオフを過ごしていたマリナーズとヤンキースの周辺が慌ただしくなってきた。この両チームは、メジャーリーグの二人のトッププロスペクトを含めた4人のトレードを進めている。強打のキャッチャー、ジーザス・モンテーロとシアトルの新人オールスター投手、マイケル・ピネダだ。ソースによれば既に合意に達している。

しかし両チームはこのトレードについて公式に発表していない。シアトルはピネダに加えマイナーリーグの投手、ホセ・カンポス、ヤンキースはモンテーロと24才の右腕、ヘクター・ノエシだ。

モンテーロは、右の強打者でプレミアが付くプロスペクト、22才のベネズエラ人で昨シーズン後半のヤンキースで61打席、打率.328、4本塁打、12打点を記録した。6フィート3インチ、225ポンドの彼は、マリナーズでキャチャーとDHとして、2年連続でメジャーリーグ最低得点だった打線の中軸になるだろう。

Montero's RBI single 

かなり高額だ。しかし22才で豪速球を投げるピネダは、昨シーズン新人先発投手として9勝10敗、防御率3.74を記録した。前半戦に大活躍した6フィート7インチ、260ポンドのドミニカ人は、オールスターに選ばれた後、終盤2ヶ月の7先発で勝ち星を挙げられずに苦しんだ。マリナーズは彼の腕を守るために登板を調整した。

ヤンキースはまた、カンポスも獲得する。右腕で19才の彼は昨年1Aエバレットで5勝5敗、防御率2.32を記録しマリナーズのファームで期待のプロスペクトだ。

マリナーズは見返りにより即戦力の投手、24才のノエシを獲得する。右腕の彼は昨シーズンのヤンキースで2回の先発を含む30試合に登板、2勝2敗、防御率4.47を記録した。彼はフェリックス・ヘルナンデス、ジェイソン・バルガス、日本人フリーエージェントのヒサシ・イワクマ、そして若手のブレイク・べバンとチャーリー・ファーブッシュのマリナーズのローテション入りを目指す。

マリナーズは、過去2年で若い投手の層が厚くなっている。昨年のドラフト2位投手、ダニー・ホルツェンはローテーション入りにチャレンジするだろう。ジェームス・パクストン、エラズモ・ラミレスとテイワン・ウォーカーも、期待のプロスペクトだ。なのでマリナーズのジャック・ズレンシックGMは、チームの欠点である攻撃力を補うために、ピネダのトレードに応じたのだ。

ヤンキースは、2010年の7月31日のトレード締め切り日にモンテーロとクリフ・リーとのトレードをシアトルに申し入れた。しかしマリナーズは、代わりに若手の一塁手ジャスティン・スモークを含む数選手をりーとのトレードでレンジャーズから獲得した。

ヤンキースは、2010年サイ・ヤング賞投手のフェリックス・ヘルナンデスを 狙っていると繰り返し言われてきたが、代わりに彼らは素晴らしいコントロールで90マイル後半のファストボールを投げるピネダを獲得した。

この若者は昨年、アメリカンリーグの新人の先頭を行く173個の三振を171イニングで奪い、四球は僅か55だった。彼はまた、アメリカンリーグの新人で最も低いWHIP(1.10)、2位の被打率(.211)とクオリティースタート(19)を記録した。

一方のモンテーロは、シアトルが必要としていた右の強打者で、 先発ローテーションと同様に若い25才の3人、セカンドのダスティン・アクリー、外野手のマイク・カープ、ファーストのスモークと共にチームの若手の中心となるだろう。

2011年のMLB.comトップ50プロスペクトで、モンテーロは11位、ピネダは13位だった。

モンテーロは昨シーズンのベースボールアメリカプロスペクトランキングでナショナルズのブルース・ハーパーとエンジェルスのマイク・トラウトに継ぐ3位だった。マリナーズのアクリーは12位、ピネダは16位だった。

参考記事:Mariners, Yanks nearing Pineda, Montero swap By Greg Johns / MLB.com | 01/13/12 7:51 PM EST
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120113&content_id=26344064&vkey=news_sea&c_id=sea&partnerId=rss_sea