Kuroda1 
ドジャースは、すぐにでも先発投手を二人探すべきかも知れない。

ドジャースは、ヒロキ・クロダにもう一年いて欲しいと思っている。しかし限られた予算が、この右腕を手放してしまうかも知れない。

「彼とサインするのに、苦労すると思う」ドジャースのネッド・コレッティGMは、金曜日に言った。

4月に37才になるクロダは、来シーズンの去就を決めかねている。しかし彼がドジャースに望んでいる条件と実際のオファーがかけ離れていれば、彼を故郷に帰す後押しをしてしまう。

今シーズンのクロダの年俸は12百万ドル、13勝16敗、防御率3.07、WHIP1.21の成績だった。

コレッティは、シーズンが終わってから今週の木曜日を含め6回、クロダのエージェントと話をしている。しかし楽観視は、できない。

「話し合いは続いている」コレッティは言った。「それが可能なのかどうなのかも判らない」

ドジャースとクロダは最初、4年47百万ドルで契約した。2010年は15.4百万ドル。11勝13敗、防御率3.39で終わったシーズンの後、今シーズンは2.6百万ドルの減俸でプレーした。

財政問題を抱えるドジャースは、来シーズン更なる減俸を望んでいると考えられるが、今のクロダは明らかに、その金額に躊躇っている。

「二つ問題がある。一つは彼がここにいたいのかどうか、もうひとつは彼をキープする余裕があるか」

2012年の予算は、今シーズンより少なくなると、コレッティは言った。

クロダは、もう一年投げたいと思っている。もし彼が他のチームとサインするか日本に帰るのならば、コレッティは、クレイトン・カーショウ、チャド・ビリングズリーそしてテッド・リリィに続くローテーションピッチャーを探さなければならなくなる。フリーエージェントマーケットの先発投手層は、薄い。コレッティは、ベテランフリーエージェントのジェフ・フランシス、アーロン・ハラング、そしてクリス・カプアーノに注目している。

ドジャースは新人のネイサン・エオヴァルディをシーズン通して3Aに置いておく気は無いだろう。しかし、もしクロダの引き止めに失敗したら、ドジャーズは、その若い右腕をローテーションに入れて、シーズンを迎えることになるかも知れない。

参考記事:Dodgers' prospects for re-signing Hiroki Kuroda look dim STEVE DILBECK November 18, 2011 | 3:55 pm Dodgers Blog Los Angeles Times
http://latimesblogs.latimes.com/dodgers/2011/11/dodgers-prospects-for-re-signing-hiroki-kuroda-dim.html