ジェイミー・モイヤーは、彼のカムバックへの挑戦を嘲り笑う人々がいることを知っている。

そしていつものように、彼はそんな事を気にしない。

「否定的な事を言う人たちはいるよ。でも私のキャリアは、ずっとそうだったから」かつてのフィリーズ選手は電話インタビューで答えた。「私は、そういうネガティブな事には影響されないね。むしろそれをプラスにするよ」

彼はキャリアの初めの頃、評論家たちからメジャーで通用するような球を投げていないと言われた。しかし彼は24シーズン投げ続けた。彼は29才の時にマイナーでやり直す前までに3回クビになり、その後233勝を挙げた。

だから誰かが、彼が49才にして肘の手術を乗り越えてメジャーリーグにカムバックするのを疑うなら(確かに疑いたくもなるが)、モイヤーは、それを再びメジャーで投げるための励みにするだろう。

197000フリーエージェントの左腕は、トミー・ジョン手術を受けてから11ヶ月経つ。彼は最近ブルペンで60球を投げて、彼のピッチングを見たいであろうチームとのコンタクトを開始した。

「もしそれが7月中旬だったら、あと数回ブルペンで投げて、マイナーリーグでのリハビリ登板をする準備をしていただろう」モイヤーは言った。彼は来月49才になる。「私は、もしかすれば私の腕と体がストップをかけたであろうリハビリをこなしてきた。そんな事には、ならなかったよ」

モイヤーは今、家族と一緒にサンディエゴ近郊に住んでいる。この場所にはスカウトがたくさんおり、彼らが彼の様子をちょっと覗きに来るかも知れない。彼はどこかのチームのスプリングトレーニングに参加して、彼がまだ投げられると証明するチャンスを探している。

「私ができるのは、私を評価する機会を作ってほしいとお願いすること」モイヤーは言った。「いくつかのチームは、”彼は49才だろ”って言うだろうね。でも他のいくつかは、”見てみよう。彼の投球を見みるまでは、予断を持つのはやめよう”って言うだろう。考えて評価するのではなく、見て評価をして欲しいんだ」

モイヤーは、どこかのチームのキャンプに辿りつけると思っているのだろうか?

「そう思っている」彼は言った。「どこかのチームが、投げるチャンスをくれるんじゃないかって思っている。だけど私は真剣なそれを望んでいるんだ、話題作りではなくてね。私は本気で投る、今までしてきたように。私の体と相手打者が、私ができるのか、できないのかを示してくれるだろう」

モイヤーは、2006年の8月にシアトルからトレードされてフィリーズに加わった。 そして2010年に肘を怪我するまでに、56勝40敗を記録した。彼はそのシーズンの残りをリハビリに費やしたが、昨年の秋にドミニカ共和国で投球した際に再び肘を痛め、12月1日に手術をした。モイヤーは最近、クリアウオーターでフィリーズのインストラクターとリハビリトレーナーの監視のもとで3週間トレーニングを行った。ルーベン・アマーロ・ジュニアGMは、フィリーズはこのシーズンオフにモイヤーの投球を見るだろうと言った。しかしチームは、彼がスプリングトレーニングに参加するかは、コメントしていない。

「フィリーズには、本当に世話になった」モイヤーはクリアウオーターでの事を言った。「何の期待も無かった。私はただ、以前に私の投球を見たことがある人に、見て欲しかった。(アスレティックトレーナーの)スコット・シェリダンは、私の事をよく知っていて、私のために6週間のスケジュールを立てて、フォローしてくれて、とても親切にしてくれた。それが終わったばかりだ。スタッフとチームが僕にしてくれたことに本当に感謝している」

モイヤーは完封を記録した野球史上最年長の投手だ。47才107日、2010年の5月にアトランタで達成した。その年齢でまだ投げ続けるために、手術を受けた。モイヤーの生涯成績は267勝204敗。300勝までは遥かに遠いが、記録はモイヤーの気持ちを駆り立てるものではない。

「その数字まで、遠いことは解っている」彼は言った。「みんながそれについて聞いてくることも解っているし、私はその数字を尊敬している。だけど現実的に考えれば、そうするにはあと3年半はかかるんだ。もし私が3年半後の事を考えれば、私は道を見失うことになる。私はただ、健康になってもう一度投げたいんだ。それを見失ってはいけないよね。私は記録を目指してプレーしたことなんか無い。もしそんな事をしたら、足元をすくわれてしまうよ。私は今だけのことを考えてる。私は現在を生きているんだ」

だとすると、何がモイヤーを奮い立たせているのだろうか?

「私はまだチームに貢献できるという信念と試合に対する情熱だね」彼は言った。「私は、今シーズンをこの様に過ごしたことも良かったと思っている。家族と一緒に過ごして、良いことがたくさんあった。ESPNで解説もした。それを恋しくも思う。それからもっと離れれば、もっとそう思うだろうね」

「私はもう一度投げたい。私は健康で、私のタイミングで試合から退くチャンスが欲しいし、私はそうするつもりだ。この挑戦で何が起ころうとも、そうしなければならない。私には、そうすることが必要なんだ」

参考記事:JAMIE MOYER EYES COMEBACK IN 2012  JIM SALISBURY  Oct 22,2011, 11:00pm  CSNPHLLY.COM
http://www.csnphilly.com/baseball-philadelphia-phillies/news/Jamie-Moyer-eyes-comeback-in-2012?blockID=581378&feedID=704