Hideki Irabu
ヒデキ・イラブが14年前にニューヨーク・ヤンキースに入団したとき、国際的な興奮とうねりをもたらした。炎の剛速球を投げた右腕の日本人はアメリカ野球界の大スターになる運命だと思われた。

イラブがこの大きな期待に応えたことはついに無かった。そして彼のキャリアはスパイラルに陥った。42才だった彼は水曜日、ロスアンゼルス郊外のランチョ・パロス・ベルデスの自宅で自殺しているのを発見された。

「彼は世界レベルの投手だった」元メジャーリーグ監督のボビー・バレンタインだ。彼は、1995年に日本で彼の監督をしていた。「ノーラン・ライアンが彼を見たとき、彼はこんな投手見たことないって言ったんだ。彼は私がそれまでに見たベストの投手だったことが数回あった。素晴らしい投手だった」

ロスアンゼルス郡検視官のエド・ウインターは、彼は自殺と発表したが、詳細は明らかにしてない。検死解剖が金曜日か土曜日に行われる予定だ。

イラブは日本のノーラン・ライアンと期待され、1997年にアメリカに来た。98マイルの剛速球を投げる先発投手で、三振を取る投手だった。それは前年のワールドチャンピオンには、余りある補強だった。

その夏にヤンキースで衝撃的なデビューを飾った後、彼はブロンクスで三年に渡ってヤンキースと彼自身を失望させた。代わりに彼は、ヤンキースのオーナー、ジョー・スタインブレナーから不名誉な称号を授かった。”太ったヒキガエル”それは、オープン戦で彼が一塁のベースカバーに失敗した後だった。

イラブはヤンキース、その後モントリオールで2年、最後のシーズンはテキサスのブルペンで、計34勝35敗、防御率5.15を記録した。 彼は2回、ヤンキースワールドシリーズ制覇のメンバーだが、彼がポストシーズンで投げたのは、1999年のアメリカンリーグ優勝決定戦、ボストン戦に一回だけリリーフ登板したが、13本のヒットを打たれた。

イラブはアメリカの独立リーグで投げ、近年では日本の独立リーグチームと契約したが、その間も彼の家族は南カルフォルニアに住んでいた。近所の人々は、彼が最近離婚して落ち込んでいたと思っている。

ヒューラリクトは、彼女が水曜日の朝、息子を送って行こうと外に出たとき、ロスアンゼルスの港とダウンタウンが見渡せる丘の上に建ったイラブの広い2階建ての家から、男性が私道を駆け下りてきて、彼女に警察を呼ぶように頼んだと言った。

ヒューラリクトは後で郡保安官代理から、イラブは彼の妻が彼の二人の若い娘たちを連れて出て行ったとき、何か助けを求めなかったかと尋ねられた。彼女は、イラブの妻と子供たちと2ヶ月間会っていなかった。彼女は、彼の家族は毎年夏になると街を離れていたと言った。

「私が1ヶ月前に彼を見たとき、彼はとても落ち込んでいるように見えました」彼女は言った。「彼は、以前のような元気な彼では無かったわ」

イチロー・サカシタ、彼は自分をイラブの友達だと信じている。彼は、木曜日の遅くにかつての選手の家の前に大きな花束を置いた。サカシタは、彼は野球のコーチになりたくて、引退後もスポーツを続けていた。しかし最終的には彼は家族と過ごすことに決めたと語った。

サカシタは、イラブと彼の妻は約1ヶ月前に別れたと言った。

「彼は天国に行こうと決めたんだ」彼は言った。「だから私たちもそれを受け入れないと」

イラブは、スポーツ界で今週二人目の自殺者だ。警察は月曜日、ユタ渓谷でフリースタイルスキーのオリンピック、アメリカ代表、ジレット・”スピーディ”・パターソン が彼自身を撃ったと言った。

バレンタインがイラブのニュースを聞いたのは木曜日、それは彼の携帯電話に届いた。

「それを聞いたときは、気分が悪くなった。実際にね」彼は言った。

イラブは、大リーグでヒデオ・ノモの先駆的な業績に続くことに挑戦しに、日本から来た数人の投手のうちの一人だった。イラブは探究心も旺盛で、体中に磁石を巻きつけて登板したこともあった。健康をもたらすことを期待したのだ。

しかしイラブは、メジャーリーグで苦労した。しかし同時に、永遠の遺産を残した。イチローやヒデキ・マツイなどのビッグスター達だ。彼らはノモとイラブについで、日本からアメリカに来たのだ。

「彼は先駆者の一人だ」バレンタインは言った。「彼の果たした役割は大きかった」

イラブが日本で注目されたのは、一昔前にサンディエゴ・パドレスが千葉ロッテ・マリーンズから彼の契約を買った時だった。しかしイラブはパドレスに行く気は無く、彼が要求したのはヤンキースでプレーすることだった。

ヤンキースは数カ月後に、彼を含めたトレードで彼を獲得し、彼は4年12.8百万ドルの契約にサインした。

「ヒデキ・イラブのご逝去を知って、私たちは深く悲しんでいます」ヤンキースの公式コメントだ。「ピンストライプを着た全ての選手は、永遠にヤンキースの一員です。そして彼の死をチーム全体で受け止めています」

イラブは1997年7月10日にヤンキースタジアムでメジャーデビューする前、マイナーで僅か8試合しか投げなかった。観客は、彼が投げる前から興奮していた。そして2つの国のファンたちが注目していた。”イラブ台風”と書かれたTシャツがヤンキースタジアムの売店で売られ、スシはホットドッグとビールの側で売られた。

現ヤンキース監督のジョー・ジラルディは、その夜の彼のキャッチャーだった。イラブはデトロイトの最初のバッター6人のうち4人を96マイルのファストボールで三振にとった。彼は6-2/3イニングで9点の援護を貰い勝利した。7回に彼がマウンドから降りるとき、ヤンキースファンは彼にスタンディングオベーションを送り、何人かは両手を頭の上に上げてお辞儀までした。そしてイラブは、ダッグアウトを出てカーテンコールに応えたのだ。

しかしその時が、彼のメジャー生活における最高の瞬間だった。

「彼の投球は進歩したけど、それだけでは駄目だったんだ。私は、彼がプランを持つか、他の誰ががプランしてあげていればと思う」バレンタインは言った。

イラブは、2002年にテキサスでチームトップの16セーブをあげた。彼のメジャーリーグキャリアでセーブを記録したのはこの年だけだ。

彼が2003年に日本球界に戻ったとき、彼はこの新しい挑戦を楽しんでした。オールスターゲームで勝ち、13勝8敗で阪神の優勝に貢献した。18年ぶりのリーグ優勝だった。

イラブはアメリカに戻り、2009年4月にゴールデン・インデペンデント・リーグのロングビーチ・アルマーダで5勝3敗、防御率3.58を記録した。その後、彼は日本に戻り、8月に高知ファイティングドッグスに入団した。「僕は自分にすごく期待してます」その時の彼の言葉だ。

しかし近年のイラブには、トラブルが絶えなかった。

2008年8月、彼は日本で逮捕された。20杯のビールを飲んだ後、店員に暴行したのだ。警察は、支払いの時に彼のクレジットカードが使えなかったことに彼が腹を立てた、と言った。

2010年5月、イラブは、ロスアンゼルス郊外のガーディナで酒気帯び運転の容疑で逮捕されている。 警察は、彼は道路の走行帯の外から車を乱暴に止めた時、駐車していた車にぶつけそうになったと言った。

彼は5,000ドルの罰金を払ったが、それで終わりでは無かった。彼は刑事起訴されたのだった。

「彼の最大の敵は、彼自身の中にいたんだ」バレンタインは言った。

元記事:Irabu,
42, dies in suspected suicide,Associated Press,Updated Jul 28,2011 9:46 PM ET
http://msn.foxsports.com/mlb/story/Former-New-York-Yankees-pitcher-Hideki-Irabu-dies-in-suspected-suicide-at-age-42-072811