mari05072011 004.JPG
最高に調子の悪い二人の打者、イチローとショーン・フィギンスに、日曜日の9-6の勝利は、希望の光を与えた。

5月19日以来イチローは、66打数10安打、打率.152のスランプで、シーズン打率は.261まで落ち、1回にはウェイド・ディビスのカーブに見逃し三振を喫した。ランナーを2人置いて迎えた3回の打席では、センターとライトの間にライナーを打ち返し、2点三塁打を記録した。

また8回にもシングルヒットを記録した。

この二つのヒットは、二度も首位打者をとった男のスランプ脱出を意味するのだろうか?「そう願うよ」ウエッジは言った。「君はあのヒットを見ただろう。三塁打を打ち、もう一つ強烈なヒットを打った。4,5日前も2本打ってるし、最悪の時期は脱したんじゃないかな。」

試合後、イチローにバッティングについて質問した。
「バッティングについては特になにも無いよ」通訳のアンソニー・スズキを通して答えた。

次にマリナーズの20試合で15勝という快進撃について、クラブハウスでの雰囲気をきいてみた。
「 みんな前向きだ。最終的な結果を考えるのはまだ早いけど、みんな勝つために頑張ってる」

「ときどき、結果に結びつかないこともあるけど、間違った方向には行ってない。メディアにいろいろ書かれることもあるけど、僕らはみんないい方向に進んでいる」

フィギンスの最初の3打席は凡退に終わり、本拠地での打率は.038(26打席1安打)、5月20日以降56打数3安打(打率.057)まで落ち込んだ。しかしウエッジは、7回の強烈なライナーで勇気づけられ、打率.186のフィギンスは、打席にたつと巻き起こるブーイングを8回のシングルヒットで、一時的に静かにさせた。

「フィギーは打った。これからたくさん打つよ。」ウエッジは言う。「なせば成るんだ。良い準備をして打席に立ち、来たボールを強く打つだけだ。まぁ、見てなよ」 

NOTE
・ブレンダン・ライアンは今シーズンチーム初のスクイズバントを3回に決め、イチローが生還した。
・エリック・ベダードは111球を投げた。これは2009年6月2日のオリオールズ戦で112球を投げて以来の最多投球数である。
・ミゲル・オリーボは3戦連続ホームランを打った。彼のキャリアで5回目である。

参考記事:Slumbering bats awake for Ichiro, Figgins | Mariners notebook Seattle Times staff reporter By Larry Stone
http://seattletimes.nwsource.com/html/mariners/2015242910_marinotes06.html