電話の向こう側のトム・シーバーは、ナパバレーにある彼のワイナリーのぶどう畑を歩きながら話していた。田中将大に興味を持っている彼は、田中の身長を知りたがり、田中の信じられないくらいのコントロールについて、話したがっていた。

「彼の三振四球比は?」3度のサイ・ヤング賞に輝いた彼が聞いた。
 続きを読む

テキサス・レンジャーズは、前半戦最後の休日を、ダルビッシュ有に1日多くの休みを与えることに使う。

その結果のスケジュールは、彼が3年連続でオールスターに登板できないことを意味する。遠征最後となる日曜日の試合に先発するダルビッシュは、その後、日曜日のミネソタ、7月3日のボルチモア、8日のヒューストン、そしてオールスター前の最後の試合となる13日のロサンゼルスで先発予定だ。
 続きを読む

土曜日の3回、ロッキーズは本拠地でブルワーズを5対2で追いかけていた。試合はまだ序盤で、その点差は、クアーズ・フィールドであることを考えれば、取り返せないものではなかった。ところがブルワーズは、バットにボールを当てることなく、あっという間に8対2にしてしまった。チームが、矢継ぎ早に3点を奪うには、このようなことが必要である。

あなたの目で、確かめて欲しい。 続きを読む

9回に、カルロス・ベルトランが見事な仕事を披露して、ヤンキースが金曜夜のボルチモアに5対3で勝利するだいぶ前、この日の注目は、5回をノーヒットに抑えていた黒田博樹の好投だった。
 続きを読む

イチロー・スズキは、他の人とは全く違ったキャリアを送っている。

40歳の彼は、アルフォンソ・ソリアーノ、ジャコビー・エルズベリー、カルロス・ベルトラン、そしてブレッド・ガードナーに次ぐヤンキースの5人目の外野手として、週に1度のプレーができるのかも分からずに、スプリング・トレーニングを過ごした。 
 続きを読む

今シーズンの田中将大が、事前の期待をはるかに超えているのは確かである。そして思い出して欲しいのが、昨冬にポスティング・システムのルール変更があったことで、彼は日本人選手としては前代未聞の争奪戦に巻き込まれたことだ。

私は最近、田中の獲得に積極に動き、ヤンキースに敗れたあるチームの人間と遭遇した。
 続きを読む

キャッチャーが、ホームベースをブロックすることを禁ずるルール変更が行われた時、そこにはある程度の解釈の問題が発生することは必然だった。野球は、そのやり方で100年以上も続けられてきて、そして今は、全員が新しい方法を学ばなければならない。その適応は、簡単なことではない。
 続きを読む

↑このページのトップヘ