ダルビッシュ有の幅広く取り揃えられた決め球の1つに、カットファストボールがある。

そのテキサス・レンジャーズのエースは、土曜日にグローブライフ・パークで行われ、5対0で勝利したミネソタ戦でそれをたくさん投げた。

8回を無失点だったダルビッシュは、ツインズ打線を全てシングルヒットの散発4安打に抑えた。
 続きを読む

彼らの先発ローテーションは、ケガに悩まされている。しかしジョー・ジラルディは、それでも彼らのベスト・アームである田中将大に余計に先発させるつもりはないと言った。

そのヤンキースの監督には、それをするチャンスが金曜日にあった。木曜日が休日だったことでジラルディは、ローテーションでビダル・ヌノをスキップさせて、田中をマウンドに送り込むという選択肢を持っていた。金曜日のナイトゲームに先発したヌノは、ヤンキースタジアムでの8先発で勝利したことがなかった。一方でヤンキースは、田中の先発で12勝3敗である。

続きを読む

イチロー・スズキは、球界の現役スーパーキャッチ王である。

ファンとテレビカメラは、試合前の彼の動きに熱視線を送る。未来の殿堂入り選手である彼は、目を閉じながら背中側でフライボールをキャッチする。しかもそれを、とても簡単かのようにやってのける。

しかしそのイチローでさえ、ヤンキースのバックアップ遊撃手ブレンダン・ライアンが、毎試合前に見せることには驚かされると言った。
 続きを読む

ニューヨーク・ヤンキースのファンは、日曜日をキャッチャーのブライアン・マッキャンに対する不満を語るのに費やし、彼がダグアウトに戻る時には、ブーイングを与えた。

カーチス・グランダーソンとの4年契約が笑いものになっているニューヨーク・メッツは今、外野手のクリス・ヤングの放出を考えている。
 続きを読む

3本のホームランを放った水曜日のマリナーズは、最近の長打攻勢を続けた。しかし今回は、右腕の岩隈久志をパワーで粉砕したレッドソックスがやり返した。5連勝を狙っていたシアトルは、セーフコ・フィールドで5対4で負け、連勝記録はストップした。
 続きを読む

水曜夜の黒田博樹は、初球を投げた後にリードを許してしまった。しかしすぐに落ち着きを取り戻したそのベテランは、良いパフォーマンスを見せ、ヤンキースがブルージェイズとのシリーズ最終戦に勝利する原動力となった。
 続きを読む

本当に多くの人が、ヤンキースの先発投手、田中将大が、本当の新人ではないと言い始めるだろう。25歳の彼は、日本プロ野球で7年間の素晴らしいシーズンを、すでに送ってきたからである。
 続きを読む

昨シーズン、惜しくもオールスター出場を逃したレッドソックスのクローザー上原浩治は今シーズン、メジャーリーグキャリアで初めてそのチームに加わるチャンスを得ている。

レッドソックスは、チームとして不振が続いているが、彼らのクローザーは別で、それがミネアポリスへの旅の助けになっている。

続きを読む

↑このページのトップヘ