私たちはみんな、ロッキーズの強打者トロイ・トロウィツキーが、メジャーリーグでも最高のショート選手の1人であることを知っている。しかしこのすごい4-6-3ダブルプレーは、1人ではできない。水曜日夜の彼は、二塁手のDJ・ルマイユとのコンビで、この素晴らしいプレーを見せた。
 続きを読む

楽観主義者は、火曜日の夜の黒田博樹が、もう一度「クオリティ・スタート」をしたと良い面に目を向けるかもしれない。しかしブレッド・ガードナーの見方は、単に「良い先発を無駄にした」だけである。
 続きを読む

今回の先発の松坂大輔は、4回がすべてだった。2アウトからの3安打、3失点、そして相手の投手にさえタイムリーヒットを打たれた。それが終わった時、ローテーションの生き残りを賭ける彼にとって、望んだものでなかったのは明らかだった。
 続きを読む

火曜日夜のカブス対レッドソックスの試合(2対1でシカゴの勝利)で、ボストンの強打者デビッド・オルティスは、ニール・ラミレスとの対戦でカウント3-0となった。そのカウントが、オルティスに大胆な予測をさせた。

続きを読む

アストロズの流出した内部文書によって、3月のヤンキースは、イチロー・スズキをトレードするだけでなく、その中で彼の給与の多くを支払う準備をしていたことが分かった。

火曜日のイチローは、その報道についての話はしたくないとNJ.comに語った。
 続きを読む

マリナーズの右腕、岩隈久志は、6月15日のセーフコ・フィールドで首の痛みを乗り越えてレンジャーズに5対1で勝利して以降、良い投球ができていない。

続いた2度の先発でその33歳は、9イニングを投げて0勝1敗、防御率10.00である。短いながらも不安が残るその期間の彼は、被打率.405で被OPS1.098である。

続きを読む

ヤンキースは、イチロー・スズキをアストロズへトレードすることを画策していた。そして6.5百万ドルの半分前後を支払う用意があったことが、流出したヒューストンの内部文書で明らかになった。
 続きを読む

土曜日の試合の9回に田中将大から本塁打を放ち、祝福を受けならがダグアウトに戻ってきたマイク・ナポリは、グラウンドの音声を拾うためのテレビのマイクがあるのに気を払わなかった。

放送では、96マイルのファストボールを投げた田中に驚いたナポリの「なんてバカなんだ!」と叫んだ声が拾われていた。そのボストンの強打者は、レッドソックスが2対1で勝利したその試合の序盤、田中の変化球に苦労していた。
 続きを読む

田中将大は、日曜日にヤンキースがレッドソックスに2対1で負けた試合の9回に勝ち越しの本塁打を放ったマイク・ナポリが、彼のことをバカと発言したことを気にしていなかった。

ニューヨーク・ポストのダン・マーチンは、田中の広報担当であるヨシキ・サトーを捕まえた。
 続きを読む

スプリッターかスライダーであれば、田中将大がマイク・ナポリに打たれなかったという保証はない。

しかし同点の9回2アウト、ランナーがいない場面で、キャッチャーのブライアン・マッキャンが要求した鋭いスプリッター、そして食い込むスライダーに首を振ったヤンキースのエース田中は、自分の直感を疑わなかった。

続きを読む

↑このページのトップヘ