デレク・ジーターは、最後のオールスター戦に出場する。田中将大とデリン・ベタンテスは、初めてである。

「参加するチャンスをもらえて、とても嬉しいよ」ジーターは言った。「だけど田中とデリンのことも、本当に嬉しいんだ。彼らには、誰よりもその価値がある」
 続きを読む

少なくとも今シーズンから導入されたビデオレビューにかかる時間の新記録を、私たちは目にした。

それには、およそ11分もかかった。

このプレーは、説明するのが嫌になるくらい奇妙なものだった。もし興味があるのなら、自分の目で確かめて欲しい。

そしてこの件に関して私は、審判団は正しい判断をしたと思っている。最初の判定は間違えており、それが、さらなる混乱につながった。
 続きを読む

ヤンキースのエース、田中将大が自分の実力を発揮できなかったとしてもニューヨークは、27歳のメジャーリーグ・ルーキーであるゼロウス・ウィーラーから十分に釣り合うものを受け取った。

ウィーラーのキャリア初安打は5回、ターゲット・フィールドのヤンキースのブルペンに飛び込む413フィートの一発で、ヤンキースに4対2のリードを与えた。そしてより重要なのは、ヤンキースの先発投手に援護点を与えたことだった。
 続きを読む

シーズンが半分を過ぎて、新しいリプレーシステムによって覆された判定に対する異議申立てが、ついに行われた。

その状況は、こうである。アスレチックスと対戦していたブルージェイズは、ワンアウト満塁としていた。アンソニー・ゴースは、一塁手のネイト・フリーマンに内野ゴロを打ち、彼は目の前を走るランナーにタッチした後、フォースアウトを狙うためにホームへ送球した。一塁塁審によれば、フリーマンはランナーにタッチしていなかったために、ホームでのフォースアウトが成立する状況だった。

トロントのジョン・ギボンズ監督は、タッチプレーにチャレンジした。彼はランナーがタッチアウトになっていたことを望み、そうなればホームでのフォースアウトは成立せず、ランナーは得点することになるからだ。そしてビデオでは、タッチしているところが明らかになり、判定は覆った。ご理解いただけただろうか?

そのビデオである。
 続きを読む

クローザーの上原浩治が、カブスに2対1で負ける原因となった失点をした翌日のレッドソックスのジョン・ファレル監督は、そのベテラン右腕は水曜日のシリーズ最終戦も登板できるだろうと語った。

上原は、火曜日の決勝点を与えた時、疲れがあったことを認めた。それは最近の7登板で上原が失点した3試合目だった。
 続きを読む

アメリカンリーグの監督を務めるジョン・フェレルが、オールスター戦の彼の投手にレンジャーズのエース、ダルビッシュ有を加えたいのなら、天気が本当に重要になってきた。

ダルビッシュは、今週の木曜日、来週の火曜日、そしてオールスター休暇前日の7月13日に登板予定だ。オールスターは、7月15日にミネソタで行われるため、1日しか休みのないダルビッシュは、投球できないと見られている。
 続きを読む

↑このページのトップヘ