2010066005-thumb-608x774-23729多くの人々が昨日、3Aタコマから二塁手ダスティン・アックリーがメジャーによばれなかった事にがっかりした。アックリーには大きな期待がかかっているが、最初にそれについて、いくつかのことを考えなければならない。

No1--彼はスーパー2になる権利をまだ、持っているかも知れない。
解説すると、選手はメジャーリーグで3シーズン、プレーすると年俸調停を申請する権利を得られる。そして毎年、2年以上プレーした選手で、上位17%は1年早く調停を申請する権利が与えられるのだ。

チームには負担増になる。

なので、チームは彼らが調停権を得るのを遅くするため、メジャーリーグに昇格させるのを遅らせる。サンフランシスコジャイアンツはティム・リンスカムにこの手法を使わなかったため、3年目に彼が得られる最低限の給料より、数百万ドル多く支払うことになった。

昨年ワシントン・ナショナルズがスティーブン・ストラスバーグの昇格を6月まで待ったのも同じ理由だ。

そもそも、いつまで昇格を先延ばしすれば良いのかなんて誰もわからない。毎年変わるし、数年前より長くなっている傾向がある。以前は、5月中旬だったが、最近は6月中旬がぎりぎりの日だ。

もう一度見て。

ぎりぎりの日。

今日は6月14日、現実にはぎりぎりの日は過ぎている。

安心確実にするために、チームは7月まで待つ、と私は聞いたことがある。

今、マリナーズがこの事を考えているとは思えない。 ”スーパー2” のコンセプトは、次の労働協約で取り除く必要がある。今年の冬に打ち出すべきた。しかし今、現状の規約になって数年が経過している。
そしてもし、あなたがマリナーズファンなら、あと数日待ったほうが良いだろう。

そして私も。そしてそれは、アックリーが来週月曜日に昇格することを意味する。

それは、アックリーに少し息抜きの時間を与えている。私たちは今シーズン、日曜日に彼が休養を取り、翌週3Aの試合に何事も無く出場しているのを目にしているが、 次の週末、もし彼が違う意味で休養しても驚いてはいけない。

マリナーズが次にすることは、まだ彼らが重要な試合をしているうちに、マイナーで疲れはてた彼を、メジャーに上げることだ。

また、木曜日にアックリーを上げるとすると、マリナーズはその日試合がない。そしてそれは、彼のデビューがホームでのフィラデルフィア戦になることを意味する。ホームの熱狂的なファンの前で、期待が高まる?事実上、最高のローテーションを持つ球団との対戦で?

アックリーには少し気の毒だろう。

しかし、もしマリナーズが次の週まで待ったら、アックリーは6月21日東海岸でのワシントンナショナルズ戦でデビューできる。

ジャック・ズレンシックには、チームの二遊間の選手の問題を解決するために1週間与えよう。ジャック・ウイルソンか他の選手のトレードをすることで。

マリナーズには、アダム・ケネディを三塁手で起用するための1週間を与えよう。 数週間前に私は言った。もし彼をマーク・マクレモアの様な選手(外野以外で、もちろん彼の体調が万全として)にしたいのなら、ケネディは週4日に限定してプレーさせることを考えるべきだ、でないときつい、と。

ケネディはアックリーが休養の時、週に数回セカンドでプレーできる。彼はショーン・フィギンスが休みの時、サードでプレーできる。そして、もしこの4日間でなにか問題が発生したら、ケネディをファーストかDHに置くこともできる、この場所は最近少々混雑しているが。 

だけど簡単で、問題解決には充分だ。

スーパー2は考慮しなければならない。締切りは今だ、ここ数日、木曜日。6月の半ば過ぎ去るだろう。1週間以内に。私達は、できるだけ安全に、メジャーでベストなチームに、できるだけホームで、余計なプレッシャーを与えずにアックリーを迎えることができる。

そして、二遊間の問題を解決する時間を稼げる。

いい案でしょ?そう思わない?マリナーズがエンジェルスにこれ以上、隙を見せてはならない。昨晩は彼らに必要なピッチングには遠かった。そして、最低でも4点以上は取らなければ。

最後にマリナーズには、目を覚ましたバーノン・ウェルズ対策が必要だ。もしウェルズがエンジェルスで、もう一度かつてのような選手にもどったら、もう一度 彼らがディビジョンシリーズに進む大きな原動力となる。
まだ1試合だけだが、私が昨日書いたように、マリナーズは彼ら自身で今週、注意深く大きな成功を掴まなければならい。

そうするためにあと2試合ある。

元記事:Dustin Ackley call-up? Look for Mariners to do it next week  
Posted by Geoff Baker   June 14, 2011 at 8:14 AM
 http://seattletimes.nwsource.om/html/marinersblog/2015315747_dustin_ackley_call-up_look_for.html?syndication=rss

SEATTLE - JUNE 02:  Starting pitcher Felix Hernandez #34 of the Seattle Mariners pitches against the Tampa Bay Rays at Safeco Field on June 2, 2011 in Seattle, Washington. (Photo by Otto Greule Jr/Getty Images)

2011年MLBドラフトも終わり、マリナーズはビル・バベジから変わったジャック・ズレンシックGMのもと、新しいプロスペクトを得た(彼らがサインすればだが)。

プロスペクトについて言えば、彼らは期待の星だ。古い言い方をすれば、カリフォルニアの金鉱掘りは、億万長者への道を得た。しかし本当に成功するのは、僅か一握りだ。

続きを読む


剛速球を投げる新人マイケル・ピネダは、土曜日に8-1でタイガースに負けたあと、最初の数イニングを押さえ気味に投げていたことを認めた。なぜなら、体力の消耗をできるだけ抑えたかったからだ。この戦略は、先発ピッチャーならば、ある程度実践している。

続きを読む

seattles_pitching_throne_still_belongs_to_felix_hernandezシアトルの先発投手、ヘルナンデスが本調子ならば事実上、最も打ちにくいピッチャーだ。彼がミスを犯さなければ、バッターの悩みの種になる。

タイガースは日曜日に彼と戦う。

ヘルナンデスは前回先発したホワイトソックス戦で6回2/3を投げたが、最初の3イニングで2本塁打、5失点を喫し負けている。今シーズンの成績は6勝5敗だ。

「今年も彼は良い球を投げてるよ」マリナーズのウエッジ監督は言う。「フェリックスについては、未だ勉強中だ。だけど一つ、彼にはとても安定感がある。もし苦しいイニングになっても彼は耐え、試合に勝つチャンスを作ってくれるんだ。彼のこの姿は、まるでチャンピオンだ。彼は、先制点を取られたり、点を取れなかったり、なんだかのタフな状況になっても、チャンピオンのように堂々としてる」

続きを読む

ダウンロードシアトル・マリナーズのエリック・ウエッジ監督は、土曜日の夜ある事を確信した。マイケル・ピネダ(6勝4敗)は調子が良くない時でも、決して諦めないということを。

続きを読む

ブログネタ
メジャーリーグ に参加中!
注:これは英語のインタビュー記事を訳したもので、実際の発言とは異なります。
Ichiro watches from the dugout during the ninth inning of the Mariners' game against the Detroit Tigers.

Q、休養をくれた監督に感謝している?

イチロー:あなた達は監督についていろいろ言うけど、彼はとても冷静だよ。彼の気持ちは決して変わらない。 僕が思うに、彼は僕の知っている今までの誰よりも強い人。なぜなら今日の試合、とても厳しい試合で僕は出場したほうが良いと思っていたんだけど、黙ってたんだ。今日は休養日だったし、彼も今日は完全休養だって言ってたから。だけど、3回の頃には裏(ケージ)で体を動かしたんだ。ボールを投げたり、ティーバッティングしたりしてね。だから準備はできていた。だけど、今日は出番がなかった。これは彼からの強烈なメッセージだと思ったよ。考えてみてよ、監督が今日君は休養日だって言っても、結果的に7回や、8回、9回にプレーすることはよくあることでしょ。今日、本当の彼がわかったよ。彼が休養日だって言ったら、一日中ベンチに座っていなければいけないって(笑)。

続きを読む

ichirokneel.jpg

4月が終った時、イチローは彼のキャリアの中で最も大きいスランプの始まりを感じさせていた。シアトルのファンの一部では、彼はもう特別な打者では無い。と言うテーマで激論が交わされていた。

4月最後の11試合で、イチローの打率は.447(47打数21安打)、シーズン打率を.250から.328に引き上げた。彼はマルチヒットを4月最後の8試合で7回記録した。そして迎えた5月、いつものイチローなら、エンジンがかかる時。この月の彼の通算打率は.362。マリナーズのリードオフマンは全てが順調に見えた。

続きを読む

ブログネタ
メジャーリーグ に参加中!
これほどの悲惨な結果を目の前にしながら、彼らはやり方を修正できないのか、修正する気がないのか?傷つき呻いているオークランドアスレティックスは21世紀のやり方に打って出た。※1
Oakland Athletics' manager Bob Geren watches from the sidelines during a game against the Baltimore Orioles at Overstock.com Coliseum on Friday, May 27, 2011 in Oakland, Calif. (Jane Tyska/Staff) ( Jane Tyska )

たしかに、見た目は変わった。

63試合目が終了した木曜日、ボブ・ゲレン監督はクビになりボブ・メルビンと入れ替わった。 チームの問題は表面的なものだけではないのに、行ったのは化粧をするより少しだけ、ましなものだった。

アスレティックスの前にある問題は全体的な事なのに、メルビンや他の監督に変えるだけでは、この大きな問題は解決できない。

この動きでアメリカンリーグ西地区最下位のアスレティックスが示すのは、根本的な問題を解決するものではなく、背中のニキビを治すようなものだ。

解っている、ゲレンは良くやった。彼は、クラブハウスの調和を維持できなかった。コミュニケーション不足が繰り返された。毎日、試合前は「で、今日のラインアップは?」と言う光景だった。

数年いる選手たちでも、ゲレンによって三つのキャンプに振り分けられた。選手たちは受け入れていた。なぜなら、彼は監督だからだ。彼らは彼を好きではなく、信頼も尊敬もされていなかった。彼らは組織の論理と、そこでうまくやっていく術を知っていた。全てはGMのビリー・ビーンが決めるのだ。

これらすべての力がゲレンに不利に働き、9連敗は単に退陣のきっかけに過ぎなかった。

このバカバカしいほど難しい状態で、勝つ状況を作り出すのを任されたのは、カリフォルニア半島で育ち、かつてジャイアンツのキャッチャーであり、シアトルマリナーズとアリゾナダイヤモンドバックスの監督を務めたメルビンだ。

「ここ4週間、ゲレンとメルビンは同じ立場でやってきたからね」ビーンは電話で認めた。

この方法は、アスレティックスに不利に働き、誰が監督だか分からなくなっていた。メルビンはチームをまとめることを試みたが、ゲレンは協力的では無かった。そして、彼は追い出された。

率直に言って、メルビンの監督経験は多くない。そして、投手陣は怪我でボロボロだ。5人のピッチャーが故障者リストに入っている。その中にはレギュラー先発陣のダレス・ブレーデン(シーズン中に復帰の見込みなし)、ブレット・アンダーソン(肘の痛みで経過観察中)も含まれる。タイソン・ロスとブレンダン・マッカーシーの二人が復帰するのはオールスターゲーム明けになるだろう。リッチ・ハーデンが戻ってでも来ない限り、手の施しようがない。

オークの樹の枝の強さと思われたアスレティックス投手陣の腕は、木の切れ端か、おがくずのようになってしまった。

もう一つは、投手陣の弱さを上回るアスレティックス打撃陣の不振だ。それはまるで、方向を見失っているかのようだ。彼らは試合を維持したり、勝つための充分なヒットが打てない。毎回、ホームランの驚異を与えるほどのパワーもない。

ボコボコの車体に剥げかかったタイア、今にも止まりそうなエンジンの車、そのキーを渡されたメルビンは、アスレティックスの再建に挑む。

「ゲレンの途中解任はインパクトを与えた。メルビンがたて直すと信じてる」

メルビンは前任者より、優れていると思う。しかし、彼が同じ方針で挑むならばゲレンの二の舞になるだろう。このチームの編成はビーンによって、オーナーのジョン・フィッシャ-とルー・ウォルフが決めた予算の範囲で競争力を保ちながら行われた。

オーナーが総予算を決め、GMがどのように使うか決める。フィッシャーとウォルフそしてビーンも、ゲレンよりは成功している。オークランドの2007年からの勝率(.470)は、彼らの努力の結果だ。※2

ビーンが支配するアスレティックスは、監督の権限と役割を制限した。

メルビンはアリゾナで、ナショナルリーグの最優秀監督賞を受賞したことがある。残り4ヶ月でオークランドを立て直すのは難しいかも知れない。彼は2011年、充分な投手陣も使えない。テキサス・レンジャーズの様な打撃陣も組めない。

ゲレンが失敗した後の彼は、効果的なコミュニケーションをもち、一致団結すること、自主性を即すことで成功するかも知れない。

残り99試合、メルビンの優秀なマネジメント能力と彼の上司のサポートで、これ以上の混乱はおこらないだろう。
次に監督がクビになるときは、チームが崩壊するときだ。

まず最初にチームへの信頼を回復させること。彼らは最初のボブ(グレン)を違うボブ(メルビン)に入れ替えた。似た状況にある彼は、同じ運命にあるのかも知れない。

救済策はない。虫歯の患者に、歯のホワイトニングをするようなものだ。

※1、監督入れ替えという昔からのやり方に対する皮肉
※2、これも皮肉

元記事:Monte Poole: New manager won't solve A's problems 
By Monte Poole Bay Area News Group
     
    Mercury News.com posted: 06/09/2011 03:32:25 PM PDT Updated: 06/09/2011 03:43:25 PM PDT 
       http://www.mercurynews.com/giants/ci_18241178?nclick_check=1

ブログネタ
メジャーリーグ に参加中!
mari06082011 022.JPG

エリック・ウエッジは少し前にメディアと会見して、マイク・カープとカルロス・ペゲーロを機会があれば一時的にではなく、セミ・レギュラーとして同時に起用することを明言した。これは、他の選手がベンチに下がることを意味する。

続きを読む

↑このページのトップヘ